clr
[
    [  
  [
ウェブサイトの保護とセキュアなWebブラウザ
 

サイトの保護と安全なWebブラウザ

ArtistScopeのサイト保護システム(ASPS)は、最も安全なサイトの環境を作りあげます。ASPSフィルター処理を走らせておけば、ASPSリーダーがデータ要素やコンテンツを暗号化します。ASPSはウェブコンテンツを保護するのに最も適しています:
  • サイトやHTML、コンテンツなどのダウンロードや保存を防ぐ
  • 画面印刷、画面キャプチャや画面の記録を防ぐ
  • リンクを取得からメディアおよび画像ダウンローダを防ぐ
  • 情報漏えいを防止し、データベースレコードを保護
  • フラッシュやPDF、ビデオを含む、すべてのウェブページのメディアを保護
  • Web 要求を分析し、高度な暗号化を行う
  • すべてのウェブアプリケーション、スクリプト言語、SSLをサポート
  • 第三者のCSSやデジタル著作権管理(DRM)の統合サポート
  • 保護するコンテンツに特別な加工の必要なし
ASPSリーダーは、保護されたコンテンツを表示するための安全なブラウザです。ASPを使用しているサイトの訪問者は、見る内容がASPSで保護されているか、保護されていないかによって、選んだブラウザとASPSリーダーの間と行き来します。

ASPではメディア媒体にかかわらず、Webページ上に表示される情報やリンクを保護する最も安全なコピーガードだといえる製品を提供させて頂いています。サイトがHTMLやJavaScript、PHP、ASP、NET、SharePoint、ColdFusionなどであれば、その場ですぐに暗号するため、ASPSに取り入れることができます。

なぜ ArtistScope Site Protection System (ASPS)が必要なのでしょうか?

現在、多くの会社が自社ブランドのブラウザをリリースしています。そのほとんどは最も人気のあるブラウザになることを目標とし、Internet ExplorerやMozillaとほぼ同じ設計でされています。それらの会社はより人気のあるブラウザにするため、著作権や制限のことは考えず、使用者がより簡単に何でも検索することができるように設計しているというのが現状です。

「Webコンテンツを保護したい」と考えているウェブマスターやデザイナーは、コピーガードのためのしっかりとしたな方法を選ぶ必要があるのではないでしょうか。しかしながら、すでにネット上に出回っているもの、すでにサイトオーナーに使用されてしまっているものを完全に保護するというのは、かなり難しくなってしまいます。ArtistScopeのWebブラウザーは、「これからサイトコンテンツを保護しいきたい」と考えている方にご利用いただけます。ASPSリーダーは今までにあった問題をものとはせず、世界に一つのものですので、安心してご利用いただけます。

ASPS Web Readerとは?

ASPSリーダーは、完全なWebブラウザです(ASPSリーダーはシェルやWebブラウザにプロテクターを1枚かけるのではありません)。指定したWebコンテンツにアクセスするとブラウザの機能を制限し、全ユーザに対して一様にセキュリティをかけます。 技術的には、ChromeやSafariに似ており、より安全にご利用いただけるように設計されています。

ASPSと他社の製品の違いは?

Webコンテンツのためのコピーガードに匹敵するブラウザというのはないというのが現状です。確かに、ユーザーの制限があるブラウザーは存在します。しかしながら、ユーザーの制限だけでは、コピーから守ることはできません。中にはWebコンテンツを保護すると言うクローンブラウザ(IE版のスキン)もありますが、プリントスクリーンやホットキーの使用をも妨害してしまいます。また、画面キャプチャの実行ファイルは新しいアプリケーションを使用したり、リネームすることですぐに繰り返し悪用されてしまいます。更にクローンブラウザには何の保護もついていません。ほとんどのブラウザでダウンロードされたり、使用されたものはインターネットの一時フォルダ(キャッシュ)蓄えられますので、後々取り出すことができます。これらとは違い、ASPSリーダーは記憶装置に蓄えられることがないように設計されています。

CopySafeのプラグインは、Windowsのブラウザでサポートされおり、すべての画面キャプチャとスクリーンの録音ソフトウェアから安全なコピーガードを提供します。著作権などは後回しにし、人気を得るために設計されているブラウザは多々あります。ASPSリーダは、特別にどこからでも攻撃を防ぐことができるように設計されており、画面キャプチャを防止するために不可欠な要素を組み込んだ完全なWebブラウザです。

ASPSとASPSの働き

ASPではASPSリーダーのみがデコードすることができる暗号化技術を提供しています。サーバー上のコンテンツは暗号化されている必要はなく、ASPSを使用するに当たって、二重に手を加える必要はありません。つまり、サイトコンテンツのや機密情報の漏えいを未然に防ぐことができます。

サイトは、検索エンジンやサイトの訪問者など、両サイドから保護することができます。HTMLなどのサイトに一定のメタタグをいれるだけでASPSリーダーで保護することができます。一度保護されると、サーバーは暗号化されたファイルを読み取りますので、ASPSリーダーのみがデコードすることができ、表示させることができます。誰かがシステムを崩そうとするとエラーメッセージが出るようになっていますが、まずシステムが崩されることはありませんので、ご安心ください。

一般のブラウザからASPSリーダーを起動することはできますか?

ほとんどのサイトは、コンテンツが保護されていたり、制御されていても検索エンジンを含め、皆様にご覧いただくことができます。ASPSもこの観点に関しては違いがありません。通常のWebページから、ASPSのWeb Readerが起動し、指定されたスタートページをロードし、再生ボタンを提供することができます。どのブラウザからアクセスして頂いても問題はありませんが、ASPSを開いて頂く必要があります。ASPSリーダーがインストールされている場合は、お客様のWebページから直接起動することができます。この過程はサイトの訪問者が巧みな技術を使い、コピーしないためのものですのでご了承ください。

完璧なASPSブラウザとASPSリーダー

一度セキュリティをかけると、お客様が許可しない限りコピーをしたり、保存したしすることができなくなります。ASPSリーダーを使用するとセキュリティをかけた部分がASPSの一部となるため、他社のプラグインに頼ったり、各会社のセキュリティに対する基本方針を気にしたりする必要はなくなります。万が一リーダーが連絡なしに変更された場合は、セキュリティが切れるのではなく、サイトコンテンツが表示されなくなったりしますので、どのような場合でもセキュリティーが切れることはありませんので、ご安心ください。

ASPSリーダーとweb パフォーマンス

始めに頭に入れておかなければならないポイントは、現在利用可能なWebブラウザはすべて「虚偽広告」をしているということです。どの会社も実際よりも優れていて、より速く、どこよりも安全であると主張していますが、どの会社もほぼ同じものを提供しているのが現状です。ほとんどの会社がエラーを見つけ出し、時間をかけることで功績を上げていき、徐々に更新していきます。確かに多々問題はありますが、彼ら自体に危険性はありません。今でもまだ知らない方は多くいますが、インターネットの速度を上げるためには、情報を提供する側と受け取る側の両方のインターネットコネクションをよくする必要があります。両方のコネクションが不足しているともちろんのこと、一方のみが不足していても速度は落ちてしまいます。DNSキャッシュの要求やキャッシュの保持以外には、セキュリティチェックを犠牲にすることなくスピードを上げる方法はほとんどありません。

一度ご利用いただくとASPSリーダーが他社のブラウザと匹敵するほどのものでありとご理解いただけるかと思います(他社のブラウザとは違いASPSリーダーにはキャッシュは存在しません)。ASPSリーダーを通してダウンロードされたものはメモリに格納しますので、新しくダウンロードをする必要がありません。

価格や、トライアルソフトウェアなどの詳細をご覧になりたい際は、ここをクリックして、親サイトをご覧ください。
ホーム
ArtistScopeについて
ArtistScope DRM
ArtistScope RDC
ASPS Site Protection
CopySafe PDF
CopySafe Video
CopySafe Web
サポート







Copy Protect Resources

clr