clr
[
    [  
  [
電子書籍やドキュメントのためのデジタル著作権管理
 

電子書籍やドキュメントのためのデジタル著作権管理(DRM)

ArtistScope DRM (デジタル著作権管理) を使用すると、eBookや文書にアクセスするユーザーのアクセスや、アクセス方法、時間などを管理することができます。
  • 特定の個人に文書を開くための権利を制限
  • 保護されたドキュメントへのユーザー/グループのアクセス権を管理
  • 個々ユーザーかグループなどの割り当てを設定し、文書を管理
  • 修正内容はすぐに適用される
  • ローカルコンピュータの時刻を元に、カレンダーの日付、またはタイムサーバによって有効期限を設定
  • ユーザーの文書読み込み日から日数や時間によって期限を設定
  • ユーザー/グループ別にビュー数を元にアクセスを制限
  • ユーザー/グループごとに印刷枚数を元にアクセスを制限
  • IPアドレス/ネットワークからのアクセスを制限/許可
  • 不正な共有や転送を防止
  • Email、ダウンロード、ディスク上での共有を防止
許可のないユーザーは、文書を開くことができませんので、ArtistScope DRMは不正な使用を防止するのに最も優れているといっても過言ではありません。開くことのできないファイルに興味がある人はまずいないのではないでしょうか。許可のある著者がファイルを送った場合でも、受け取った方は必ずその著者と同様のアクセス権がなければなりません。

つまり、ArtistScope DRMを使用することで、電子書籍や文書をコピー/悪用される心配なく、配布/送付することができます。また、「何回印刷することができるか」などの詳細も管理することができ、更に、「何回文書を見ることができるか」、「どれくらい見ることができるか(時間)」などの詳細を管理することもできます。修正内容は、一度CDにコピーされたものや、PCにダウンロードされたものにでもすぐに適用されます。お客様とユーザーの間に契約/支払いがあった場合や、一般のサイトにアップロードされた場合でも許可設定を変更したり、文書を無効にしたりすることができます。

完璧な管理とアクセス:
  • 完璧な管理でそのグループ/読者を作成、管理
  • 修正の即時適用と、その文書に対する権限の管理
  • グループにニュースレターを送信し、その文書の読者を選択
  • 電子書籍のオンライン販売から購読者への配信を管理
  • 読者のレポートや統計情報(文書の使用と詳細)
筆者が利用できる機能以外に、管理者は、 著者と読者に適用される一般的なセキュリティポリシーを管理することができます。
  • 共有ドキュメントや読者のアクセスとコントロール管理
  • ネットワークアクセスのための制限や許可を設定する機
  • 課金の設定とアカウントタイプの設定
  • Emailなどにご利用いただけるテンプレートの編集
  • アカウント統計情報の消去をするにあたっての表示/管理の権限
どのタイプの文書もPDFに変換することができ、ArtistScope DRMを使用することで、印刷や印刷数、誰がいつファイルを開けることができるのかなど、多くのことを管理することができます。当社のDRMは、文書や電子書籍など、お客様が許可を出した方のみ開けることができるようにします。詳細はいつでもお好きなときに変更して頂くことができ、変更内容は、すでにユーザーの手元に届いているファイルでもすぐに適用されるようになっています。

当社ののDRMソフトウェアは、ホスティングサービスとしてレンタル、または企業内などのネットワークのために購入してご利用いただけます。

価格や、トライアルソフトウェアなどの詳細をご覧になりたい際は、ここをクリックして、親サイトをご覧ください。

ホーム
ArtistScopeについて
ArtistScope DRM
ArtistScope RDC
ASPS Site Protection
CopySafe PDF
CopySafe Video
CopySafe Web
サポート







Copy Protect Resources

clr