clr
[
    [  
  [
PDF文書や電子書籍のデジタル著作権管理サービス
 

PDF文書と電子書籍のコピー/印刷制御

CopySafe PDFは電子書籍とPDF文書のための最も安全な解決策です。コピーやキャプチャなどから文書を守り、読者を管理することができます。CopySafe PDFは情報を管理/保護するだけではなく、生活を保護するためのツールでもあるため、必ず満足して頂けるはずです。
  • プリントスクリーンと画面キャプチャによるスクリーンショットを含め、すべてのコピーを防止
  • 不正流通、転送を防止
  • 悪用/不正使用防止パスワード保護の設定
  • 有効期限の設定: コンピュータの時計を変更することで悪用されることはありません
  • ユーザーの文書読み込み日から日数や時間によって期限を設定
  • 印刷枚数を制限
  • ビュー数を制限
  • Email、ダウンロード、ディスク上でのPDF文書の配信を保護
  • サイト上に載せるPDF文書の保護
  • 修正の即時適用(すでにダウンロードされているものにも適用されます)
CopySafe PDFはどのようなシーンにも対応することができるように設計されおり、最も安全なPDF形式のコンテンツの保護を提供します。CopySafeとその他の「PDF 保護」を比べると、表面上だけの保護なのにどうしてPDF保護というのか疑問に思うはずです。

よりしっかりしたPDFの保護

CopySafe PDF保護の一番の特徴は、そのデザインそのものです。最も安全な暗号化技術が使用されているだけではなく、コピーガード、文書ファイル形式やアクセス制限など、何も悪用/不正使用されるためには残らないように設計されています。

優れたPDFの保護

CopySafeは1998年に導入されて以来、最も安全なコピーガードとして受け入れらてきました。現在まで、コピーやプリントスクリーンや画面キャプチャを含むテクニックで、コントロールがきかずにいました。中にはキャプチャを防止することができるといっているのにもかかわらず、まったく効果のないもの多くあります。このようなアプリケーションは通常、同じファイル名をつけることを防ぎ保護するようになっているのですが、結局は違う名前をつけることで誰もがファイルを保存することができるのです。

パスワード設定で文書を保護(パスワード保護)

おそらく現在、一番人気のある文書の保護テクニックがパスワード保護です。パスワード保護のかかった文書は受信者を信頼してこそ、送信できるもので、このタイプのコピーガードは、パスワードが危険にさらせれていない場合に、不正使用を抑制するためにご利用いただけます。現在では、保護されたコンテンツのコピーガードを外すアプリケーションなどもありますが、CopySafe PDFの保護をはずすことはできません。

有効期限を設定し、文書を保護 (有効期限保護)

もう一つの人気の文書保護テクニックは、期限が過ぎた後は、開くことができないようにする、有効期限の設定です。有効期限は現地時間に元づいています。ユーザーの中にはPC内蔵時計の時間を修正する方もいますので、オンラインタイムサーバーなどを使用することをお勧めしています。CopySafe PDFでは、インターネットアクセスないお客様のために、タイムサーバーチェックや現地時間チェックなどのオプションも用意させて頂いています。

日数または時間数を設定し、文書を保護(有効期限保護)

カレンダーの日付で有効期限を設定する代わりに、文書をユーザーがファイルを開けた日からの日数や時間で有効期限を設定することができます。このオプションは、ユーザーがファイルを開けるのはいつでもよいので、ディスクなどで文書を配布する場合にとても有効です。この有効期限の日数や時間はすべて1分単位でカウントされるようになっています。例: 3時間で有効期限が切れる場合、13:45にファイルが開けられたのであれば、16:45に期限が切れるようになっています。この保護をご利用になる場合、文書はコピーガードだけではなく、DRMコントロールでもカバーされていなければなりませんのでご注意ください。また、ユーザーがファイルを閉じるまでは文書に影響を与えませんので、ご安心ください。

印刷の防止と、文書の印刷制限を設定(印刷保護)

CopySafe PDFを使用することで、ユーザーが文書を印刷することができるかを決めることができます。印刷が禁止されている場合はもちろんユーザーは印刷することができず、印刷が許可されている場合は、プリンタのみを使用することができるように制限されています。つまり、PDFのような機種に依存していない印刷はご利用いただけません。また、当社のDRMオプションを使用すると、「ユーザーは1回だけ印刷することができる」など、各文書と各ユーザーに細かな制限を設定することができます。

転送や不正流通の防止(権利の保護)

文書の不正使用を防止するための唯一の方法は、文書の著作権管理(DRM)を使用することで、ArtistScope DRMほど、安心できるDRMはどこにもありません。ArtistScopeは、オーストラリアとアメリカを拠点としており、お客様により安心してご利用いただくためCopySafe PDFをご利用の皆様にサーバーを通してDRM無料サポートを提供させて頂いております。

文書管理のコントロール(super DRM)

文書のためのDRMは無料で、ユーザーと文書を持っている方を完全に管理することができます。例として、ユーザーが盗んだクレジットカードで教科書を買ったとします。そんな場合でも、もしArtistScope DRMがあれば、ダウンロードされていようがいまいが、すぐにその教科書へのアクセスを禁止することができるのです。

CopySafe PDFリーダー

CopySafe PDFリーダーは無料でダウンロードすることができます。CopySafe PDFリーダーは、ページのサイズ変更、ズーム、自動スクロール、ブックマーク、ハイパーリンクなど一般的なPDFリーダーに見られるものはすべて備わっているだけではなく、最も効果的なコピーガードやアクセス権管理のオプションが含まれています。CopySafe PDFリーダーはサイトからダウンロードされるものや、ディスクで配信された場合でもご利用いただけます。

価格や、トライアルソフトウェアなどの詳細をご覧になりたい際は、ここをクリックして、親サイトをご覧ください。
ホーム
ArtistScopeについて
ArtistScope DRM
ArtistScope RDC
ASPS Site Protection
CopySafe PDF
CopySafe Video
CopySafe Web
サポート


spacer Copy protect any web site
spacer

spacer
ArtistScope Secure Web Browser
spacer
Copy Protect Resources

clr